Powered by Google

  

学会誌

>>BackNumberへ

 学会誌「基礎老化研究」バックナンバー公開のお知らせ
     現在、1977年以降の発行分について全文、1977年第1巻~2016年第40巻3号の「基礎老化研究」
     ならびにシンポジウム「老化の基礎的研究」講演記録の1975年から1979年分 (第1回から第8回)
     pdfファイルにて公開しております。
     なお、現在2017~2015年分は学会員限定にて公開しております。

      

 投稿規程  この雑誌について

2017年


2017年9月
41巻3号



(学会員限定)
pdf 5.4MB
目次  (pdf 122KB) (学会員限定)

第38回日本基礎老化学会シンポジウム  (pdf 1.3MB) (学会員限定)

特集企画「~老化研究の最前線~ in アメリカNIH」 (pdf 615KB) (学会員限定)

総説
 Aging research in the era of -omics ~ experiences at the National Institute
 on Aging
 Toshiko Tanaka  (pdf 792KB) (学会員限定)

総説
 シグマ-1 受容体研究の最前線-神経変性疾患におけるシグマ-1 受容体の多彩な役割-
 中村 庸輝  (pdf 813KB) (学会員限定)

総説
 心拍数と心筋収縮における老化性機能低下と「coupled-clock system」
 筒井 健太、Oliver Monfredi、Edward G Lakatta  (pdf 942KB) (学会員限定)

奨励賞トピックス
 糖鎖制御異常を介したポリコーム蛋白質のがん促進機構
 山越 貴水  (pdf 806KB) (学会員限定)

奨励賞トピックス
 がん悪液質における身体部位特異的な筋応答
 吉岡 潔志、小野 悠介  (pdf 847KB) (学会員限定)

奨励賞トピックス
 マウスにおける老化細胞除去は肺気腫関連疾患を改善する
 三河 隆太  (pdf 2.2MB) (学会員限定)

奨励賞トピックス
 SOD が代謝するスーパーオキシドによる細胞死決定機構
 渡辺 憲史、澁谷 修一、小澤 裕介、清水 孝彦  (pdf 827KB) (学会員限定)

大会報告
 第40 回日本基礎老化学会大会を振り返って 〜もう一つの基礎老化の集い〜
 丸山 光生  (pdf 1MB) (学会員限定)

大会見聞録
 第30 回日本老年学会・第40 回日本基礎老化学会大会合同会 
 近藤 嘉高  (pdf 882KB) (学会員限定)


Aging research in the era of -omics ~ experiences at the National Institute on Aging

Toshiko Tanaka
Longitudinal Study Section, Translational Gerontology Branch, National Institute on Aging

 Aging is a complex process that is influenced by various biological and environmental factors. In the last few decades, advancements in high-throughput technologies have enabled comprehensive assessment of biomarkers including genetic variation, DNA methylation, gene expression, and protein and metabolite concentrations. This has facilitated a rapid rise in -omics research aimed at identifying key molecular biomarkers of aging and thus providing the foundation for identifying risk factors for age-related diseases and developing effective preventative strategies. To date, most studies have taken a reductionist approach and examined each layer of molecular data independently. The future challenge in -omics studies is to implement methods that can simulataneously examine different levels of molecular data to uncover the complex network of molecular and cellular changes that occur with aging.

キーワード:genomics, epigenomics, transcriptomics, proteomics, molecular epidemiology, aging phenotypes

シグマ-1 受容体研究の最前線-神経変性疾患におけるシグマ-1 受容体の多彩な役割-

中村 庸輝
Cellular Pathobiology Section, Integrative Neuroscience Research Branch, National Institute on Drug Abuse IRP, National Institute of Health

 およそ40 年前に存在が確認されたシグマ-1 受容体(Sig1R)は、これまでに神経変性疾患、 精神疾患、慢性疼痛、薬物依存など様々な病態に関与することが報告されてきたが、その詳細な作用機構には不明な点が多く残ったままであった。近年、我々はSig1R が主にミトコンドリアと隣接した小胞体膜上に存在するシャペンロン蛋白質であることを同定し、活性化時に細胞膜や核膜へ移行することで、様々な蛋白質の機能制御を介して効果を発揮していることを見出した。さらに、アルツハイマー病、パーキンソン病などのモデル動物において、Sig1R アゴニストが治療効果を示すことから、これらの疾患に対する興味深い創薬ターゲットでもある。本稿では、神経変性疾患に対する他の受容体とは異なったSig1R のユニークな作用発現機構と、米国国立衛生研究所でのSig1R 研究と米国留学生活について概説する。

キーワード:Endoplasmic reticulum, Chaperone, Mitochondria-associated membrane, Neurodegenerative disorder, Sigma-1 receptor
心拍数と心筋収縮における老化性機能低下と「coupled-clock system」

筒井 健太1、Oliver Monfredi1,2、Edward G Lakatta1
1Laboratory of Cardiovascular Science, Biomedical Research Center, Intramural Research Program, National Institute on Aging, NIH, Baltimore, Maryland, USA. 2Institute of Cardiovascular Sciences, University of Manchester, United Kingdom

 Aging is a complex process that is influenced by various biological and environmental factors. In the last few decades, advancements in high-throughput technologies have enabled comprehensive assessment of biomarkers including genetic variation, DNA methylation, gene expression, and protein and metabolite concentrations. This has facilitated a rapid rise in -omics research aimed at identifying key molecular biomarkers of aging and thus providing the foundation for identifying risk factors for age-related diseases and developing effective preventative strategies. To date, most studies have taken a reductionist approach and examined each layer of molecular data independently. The future challenge in -omics studies is to implement methods that can simulataneously examine different levels of molecular data to uncover the complex network of molecular and cellular changes that occur with aging.

キーワード:Aging, sinoatrial node, pacemaker cell, phosphorylation, coupled-clock system

2017年5月
41巻2号



(学会員限定)
pdf 3.3MB
目次  (pdf 451KB) (学会員限定)

特集企画「モデル動物」 (pdf 959KB) (学会員限定)

総説
 長寿齧歯類ハダカデバネズミを用いた老化研究
 三浦 恭子  (pdf 1.4MB) (学会員限定)

総説
 老化研究におけるコモンマーモセットの可能性
 佐々木 えりか  (pdf 1.5MB) (学会員限定)

総説
 人為的な生殖技術を用いたカニクイザルの作出
 下澤 律浩  (pdf 1.3MB) (学会員限定)

総説
 新規アルツハイマー病モデルマウス
 -加齢性感覚器障害とアルツハイマー病との関連-
 津田 玲生  (pdf 1.5MB) (学会員限定)

総説
 細胞老化研究の新展開-老化細胞は新たな創薬標的となるか-
 三河 隆太、杉本 昌隆  (pdf 1.4MB) (学会員限定)

学会報告
 The 5th Asian Society for Aging Research Symposium 2017 報告記
 清水 孝彦   (pdf 1.2MB) (学会員限定)

学会報告
 ADPD 2017
 木村 展之   (pdf 1.1MB) (学会員限定)


長寿齧歯類ハダカデバネズミを用いた老化研究

三浦 恭子
北海道大学 遺伝子病制御研究所 動物機能医科学研究室

 ハダカデバネズミ(デバ)はアフリカの地下に生息する齧歯類であり、アリやハチに類似した分業制の集団社会を形成することが知られている。驚くべきことに、デバの寿命はマウスの約10 倍の約30 年と非常に長く、さらに飼育下でほとんど腫瘍形成が見られないことが知られている。デバの長寿・がん化耐性のメカニズムを研究することで、将来的には、ヒトにおいて新たな老化・がん化予防薬の開発につながる可能性が考えられる。我々は2010 年からデバの老化耐性・がん化耐性・社会性のメカニズムについて研究を進めている。最近、デバからiPS 細胞を樹立し解析を行った結果、デバiPS 細胞が種特異的に腫瘍化耐性をもつことを見出した。またその分子機構として、がん抑制遺伝子ARF の種特異的な活性化、またがん遺伝子ERAS の種特異的な機能欠失型変異を同定した。本総説では、デバ研究領域における最近の進展を概説する。

キーワード:naked mole-rat, heterocephalus glaber , iPS cell, longevity, cancer

老化研究におけるコモンマーモセットの可能性

佐々木 えりか
公益財団法人 実験動物中央研究所 マーモセット研究部

 霊長類の実験動物は、様々な疾患に対する新規治療法、新薬開発における前臨床研究モデルとして用いられている。なかでもコモンマーモセットは小型の霊長類で、ヒトに似た生物学的、行動学的特徴を持ちつつ、高い繁殖力、扱いやすさなど実験動物に適した特徴をもつユニークな動物である。コモンマーモセットの疾患モデルは、薬物誘導性、外科的手法、遺伝子改変などにより作製することが可能であり、げっ歯類ではヒトの病態を再現する事が困難な精神・神経疾患研究のモデルとして良く用いられている。近年は、iPS 細胞を用いた再生医療の前臨床にも用いられるようになってきている。そこで本稿では、コモンマーモセットのモデルとしての特徴とこれまでに開発されてきたコモンマーモセットの疾患モデル動物作製法などを紹介しつつ基礎老化研究におけるモデルとしての今後可能性について考察する。

人為的な生殖技術を用いたカニクイザルの作出

下澤 律浩
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 霊長類医科学研究センター

 ヒトと同じ霊長類に属するカニクイザルは、長寿な実験動物である。古くからワクチン検定や感染症研究に用いられていたカニクイザルは、様々な医科学研究に利用されるようになった。高齢カニクイザルにおいては、老人斑と神経原線維変化が確認されるなど老化研究にも用いられている。霊長類医科学研究センターでは大規模な室内繁殖が行われているが、交尾の不成立や微生物感染などの理由により繁殖できないこともある。そこで、人為的な生殖技術を利用したカニクイザルの作出が期待される。一方、近年ではゲノム編集技術により、家畜を含めた多くの動物種で遺伝子改変個体が作出されている。カニクイザルにおいても、人為的な生殖技術に遺伝子改変技術を応用することで疾患モデルの効率的な作出が身近に感じられるようになった。本稿では、このようなカニクイザルを人為的に作出する技術に関して紹介する。

キーワード:cynomolgus monkey, long-lived laboratory animal, indoor breeding, genetically modified animals, reproductive technology

新規アルツハイマー病モデルマウス
-加齢性感覚器障害とアルツハイマー病との関連-


津田 玲生
国立長寿医療研究センター、認知症先進医療開発センター

 現在、我が国は4 人に1 人が65 歳以上という超高齢社会に突入していることから、高齢者に頻発する認知症や加齢性感覚器障害が社会的な問題になってきている。国内の認知症患者は2050 年には1400 万人に達すると見られているが、このうちアルツハイマー病(AD)が占める割合は全体の約6割くらいだと云われている。一方、加齢性感覚器障害の代表的な疾患である老人性難聴は、75 歳以上の有病率が7 割近くになると見積られている。これら高齢者疾患に対する治療薬の開発は、多くの研究機関の努力にも関わらず、これまでのところ成功していない。AD や老人性難聴の発症には時間がかかり、疾患を定量的に判定できる創薬開発に資するモデルシステムが不足していることが要因の一つとして考えられる。筆者らは加齢性感覚器障害とAD との共通点に着目することにより、アミロイドβによる毒性効果を経時的かつ定量的に判定できる新規マウスモデルの確立に成功した。本総説ではモデルマウスを用いたAD 研究を解説すると共に、新規AD モデルマウスを用いた治療薬開発の可能性について考えてみたい。

キーワード:Alzheimer’s disease, Amyloid-beta, Tau, age-related hearing defect, transgenic mouse

細胞老化研究の新展開-老化細胞は新たな創薬標的となるか-

三河 隆太1、杉本 昌隆1,2
1国立長寿医療研究センター研究所 老化機構研究部 免疫研究室
2名古屋大学大学院医学研究科 老化基礎科学

 哺乳動物細胞の分裂回数が有限であることを示す“Hayflick limit”が発見されてから半世紀以上たった今、細胞老化研究に再び大きなブレイクスルーが得られようとしている。哺乳動物において、細胞老化は癌に対する防御機構として極めて重要な役割を持つことが古くから知られていた。一方、細胞老化が個体の老化に関与するのかについては不明であった。しかしながら近年のSASP(senescence-associated secretory phenotype)の発見から、細胞老化研究は大きく発展し、老化研究の分野でその重要性が改めて認識された。本稿では、最近発表された細胞老化除去マウスから得られた知見をもとに、組織機能の加齢性変化や疾患に細胞老化が及ぼす影響について概説し、さらに細胞老化を標的とした創薬の可能性について紹介する。

キーワード:Senescence, Aging, Mouse model, Senolytic drug resistance

2017年1月
41巻1号



(学会員限定)
pdf 16.3MB
2.2MB
目次  (pdf 60KB)(学会員限定)

名誉会員寄稿文
 Unfinished Odyssey for Well Aging and Humanness
 Sang Chul Park, MD, PhD    (pdf 657KB) (学会員限定)
 
特集企画「メタボロミクスと疾患・老化」  (pdf 503KB) (学会員限定)

総説
 血液メタボロミクスによる老化マーカー同定
 照屋 貴之、柳田 充弘、近藤 祥司 (pdf 1MB) (学会員限定)

総説
 生物学的メチル化を介した寿命と老化
 深水 昭吉 (pdf 673KB) (学会員限定)

総説
 NAD 代謝による老化制御機構
 夜久 圭介、中川 崇 (pdf 631KB) (学会員限定)

総説
 代謝疾患におけるRNA 修飾の分子機能およびRNA 修飾を標的とするオミクス研究の最前線
 魏 范研、富澤 一仁 (pdf 1.7MB) (学会員限定)

学会報告
 2016 Cold Spring Harbor Laboratory Mechanism of Aging Meeting参加報告記
 玻名城 隼、丸山 光生 (pdf 573KB) (学会員限定)

学会報告
 Society for Neuroscience 2016  木村 展之 (pdf 1.8MB) (学会員限定)

海外留学記
 アメリカで生き抜きたい!  福田 真 (pdf 1.0MB) (学会員限定)


血液メタボロミクスによる老化マーカー同定

照屋 貴之1)、柳田 充弘1)、近藤 祥司2)
1)沖縄科学技術大学院大学・G0 細胞ユニット
2)
京都大学医学部附属病院・高齢者医療ユニット、糖尿病内分泌栄養内科

 血液メタボローム(全ての代謝産物プロファイル)は、遺伝、エピジェネティクス、生活習慣、 健康状態等を反映しうる。適切な手法(安定な試料、高性能分析機器、データ解析)を用いれば、 血液を通じて健康・老化・疾患状態の情報を読み取ることが可能となる。我々は、独自のヒ ト血液メタボローム分析系を構築し、126 代謝物を同定した。各代謝物に関し、①日周変動 の有無、②赤血球に豊富かどうか、③個人差の程度を分類した上で、健常な若年と高齢の血 液メタボローム比較解析を行い、老化マーカーと呼べる代謝物14 個を見出した。それらは、 抗酸化、尿排出や窒素代謝、骨格筋など、老化関連生理機能を反映すると推測される。本稿 では、我々の研究を通じてメタボロミクスによる老化研究について議論する。

キーワード:血液メタボローム、老化、赤血球、変動係数、相関係数

生物学的メチル化を介した寿命と老化

深水 昭吉
筑波大学 生命領域学際研究センター

 生物は、遺伝情報のセントラルドグマにもとづき生命活動を営んでいる。DNA を複製し て次世代に遺伝情報を伝達し、これらを転写したRNA 情報を鋳型にして翻訳することでタ ンパク情報へと変換していく。寿命や老化が遺伝や生活環境によって左右されると考えられ ているが、その仕組みの一端がセントラルドグマと関わる「生物学的メチル化」から明らか になりつつある。本稿では、我々の研究成果を含めて最近の知見を紹介したい。

キーワード:線虫、代謝、化学修飾、RNA、メチル化

NAD 代謝による老化制御機構

夜久 圭介、中川 崇
富山大学大学院医学薬学研究部(医学) 病態代謝解析学講座

 Nicotinamide adenine dinucleotide(NAD)は生体内で酸化還元反応を媒介する補酵素と して重要であるとともに、脱アセチル化やADP- リボシル化といったタンパク質の翻訳後修 飾にも関わっており、エネルギー代謝にとどまらず、分化・増殖といった様々な細胞内機能 の調節を行っている。特に老化関連分子として重要なSirtuin はNAD 依存性の脱アセチル化 酵素であり、NAD 代謝- Sirtuin 経路を介した老化制御機構が注目を浴びている。また、加 齢とともにさまざまな組織においてNAD 量は減少することが知られており、Sirtuin だけで なく、生体内の様々な代謝機構を介した加齢性変化や疾患への関与が報告されている。本稿 では基本的なNAD 代謝の概略、測定法について説明するとともに、老化や様々な老化関連 疾患との関わりについても、最近の知見を交えて概説していく。

キーワード:NAD、Sirtuin、PARP、metabolisms

代謝疾患におけるRNA 修飾の分子機能およびRNA 修飾を標的とするオミクス研究の最前線

魏 范研、富澤 一仁
熊本大学 大学院生命科学研究部 分子生理学分野

 タンパク質のリン酸化修飾やDNA のエピジェネティクス修飾に代表される生体分子の 化学修飾は、様々な生命現象に関わることが以前より知られている。最近、タンパク質や DNA 以外に、RNA にも多彩な転写後修飾が存在することが明らかになってきた。さらに、 RNA 修飾の破綻が様々な疾患の発症に関わり、RNA 修飾病という概念が現在打ち出されて いることから、RNA に関する研究は量の研究から質の研究へと、新たな局面を迎えている。 本稿は、タンパク質翻訳マシナリーを構成するtRNA に存在する修飾に焦点を絞り、tRNA 修飾の分子機能及び疾患との関連について総説するとともに、tRNA 修飾の解析に関する最 新の方法についても触れたい。

キーワード:RNA、修飾、質量分析、次世代シーケンス