Powered by Google

 

 老化・老年病研究のための動物実験ガイドブック
「老化・老年病研究のための動物実験ガイドブック」 特別価格(3,000 円)での販売のお知らせ
 →詳細(pdf)

  

ニュース

大会・シンポジウム等のお知らせ>2013年度学会ご案内(121009更新)

121009更新

第36回日本基礎老化学会 2013年6月5日(水)-6日(木)(第28回日本老年学会との併催)


大阪大会のポスター(pdf)

市民講演会のポスター(pdf)

2013年度の第36回日本基礎老化学会は老化関連他学会と合同で第28回日本老年学会との併催となります。

日時:  2013年6月4日(火)(日本老年学会)
    2013年6月5日(水)-6日(木)(日本基礎老化学会)

会場: 大阪大学中之島センター、大阪国際会議場(大阪市中之島)

大会長: 森望(長崎大学)

大会事務局: 長崎大学医学部神経形態学(第一解剖)内

連絡先メールアドレス: jsbg2013アットml.nagasaki-u.ac.jp (アットを半角@に変えてご利用下さい)

来年は韓国側から10名を招聘する年となりますので、5日の午後に日韓合同シンポジウムを予定します。この日韓合同シンポジウムの内容については韓国側からの参加者/演題が提案された段階でなるべくそれに見合う形での選考を一般演題の中からあるいは基礎老化学会会員の中から進めさせていただきます。

また、6日の午後には市民公開の形での講演会を準備しています。

ふたつの特別講演として、オートファジー現象の発見者である大隅良典先生(東工大)とクロトーマウスから生体内のリン酸・カルシウム代謝研究を進められている鍋島陽一先生(神戸先端医療センター/京大名誉教授)にお願いしています。

一般演題は口頭発表とポスター発表を組む予定です。

一般演題の募集は12月から1月頃を予定していますので、会員の皆様には是非ふるって演題応募の準備をよろしくお願いいたします。

大会長 森望(長崎大学)